一言主神社

 又一時、天皇葛城山に登り幸でましし時、百官の人等、悉に紅き紐著けし青摺の衣服を給はりき。その時その向へる山の尾より、山の上に登る人有りき。既に天皇の鹵簿(みゆきのつら)に等しく、亦其の裝束の状、また人衆(ひとかず)、相似て傾(かたよ)らざりき。爾に天皇望(みさ)けまして、問はしめて曰りたまひしく、「この倭国に、吾をおきて亦王は無きを、今誰しの人ぞかくて行く」とのりたまへば、即ち答へて曰す状もまた天皇の命(みこと)の如くなりき。ここ是に天皇いたく忿(いか)りて矢刺したまひ、百の官の人等悉に矢刺しき。爾にその人等もまた皆矢刺しき。故、天皇また問ひて曰りたまひしく、「然らば其の名を告れ。爾に各名を告りて矢彈(はな)たむ」とのりたまひき。ここに答へて曰しけらく、「吾さきに問はえき。故、吾先に名告りをせむ。吾は悪事(まがこと)も一言(ひとこと)、善事(よごと)も一言、言ひ離つ神、葛城の一言主大神ぞ。」とまをしき。天皇ここに惶畏(かしこ)みて白したまひしく、「恐(かしこ)し、我が大神、うつしおみ有らむとは覚らざりき」と白して、大御刀また弓矢を始めて、百の官の人等の服(け)せる衣服を脱がしめて、拜みて献りたまひき。爾にその一言主大神、手打ちて其の捧げ物を受けたまひき。故、天皇の還り幸(い)でます時、其の大神、満山の末より長谷の山の口に送り奉りき。故、是の一言主大神は、その時に顕れたまひしなり。〈雄略記〉