褶振(ひれふり)の峯(みね) 郡(こほり)の
東(ひむがし)にあり。
 烽(とぶひ)の処の名を褶振の烽といふ。

 大伴(おほとも)の狭手彦(さでひこ)の連、発
船(ふなだち)して任那に渡りし時、弟日姫子
(おとひひめこ)、此に登りて、褶(ひれ)を用
(も)ちて振り招(を)きき。因りて褶振の峯と
名づく。
 然して、弟日姫子、狭手彦の連と相分(あひわ
か)れて五日を經(へ)し後、人あり、夜毎
(よごと)に来て、婦(をみな)と共に寝(い)
ね、曉(あかとき)に至(な)れば早く帰りぬ。
容止形貌(かほかたち)は狭手彦(さでひこ)に
似たりき。婦、其を恠(あや)しと抱(おも)ひ
て、忍默(もだ)えあらず、竊(ひそか)に續麻
(うみを)を用ちて其の人の襴(きぬのすそ)に
繋(か)け、麻の隨(まにま)に尋(と)め往き
しに、此の峯の頭ほとりの沼の辺に到りて、寝た
る蛇あり、身は人にして沼の底に沈み、頭(かし
ら)は蛇にして沼の脣(きし)に臥(ふ)せりき。
忽(たちま)ち人と化爲(な)りて、即ち語りてい
ひしく、

  篠原(しのはら)の 弟姫(おとひめ)の子
 (こ)ぞ

  さ一夜(ひとゆ)も 率寝(ゐね)てむ時(し
  だ)や

  家(いへ)にくださむ
 時に、弟日姫子の従女(とものめ)、走りて親族
(かぞいろ)に告げしかば、親族、衆(もろびと)
を発(いだ)して昇りて看るに、蛇と弟日姫子と、
竝(なら)びに亡(う)せて存らず。ここに、其の
沼の底を見るに、但、人の屍(かばね)のみあり。
各(おのもおのも)、弟日女子の骨(かばね)なり
と謂(い)ひて、即(やが)て、此の峯の南に就(
つ)きて、墓を造りて治(をさ)め置きき。其の墓
は見(いま)に在り。
(肥前国風土記松浦郡条)

西北の尾根に建てられた佐用姫像

山頂の沼は西北に堤防が築かれ、池になっている
褶振峯(鏡山)

唐津市の鏡山を松浦川の西から遠望する