蘿(ひかげ)

 ここを以ちて八百萬の神、天安の河原に神集ひ集ひて、高御産巣日神の子、思金神に思はしめ、常夜の長鳴鳥を集めて鳴かしめて、天安河の河上の天の堅石(かたしは)を取り、天の金山の鐵(まがね)を取りて、鍜人(かぬち)天津麻羅(あまつまら)を求(ま)ぎて、伊斯許理度賣(いしこ=りどめの)命に科(おほ)せて鏡を作らしめ、玉祖命に科せて、八尺(やさか)の勾●(まがたま)の五百津のみすまるの珠を作らしめて、天兒屋命、布刀玉命を召(め)して、天の香山の眞男鹿の肩を内拔きに拔きて、天の香山の天のははかを取りて、占合ひまかなはしめて、天の香山の五百津眞賢木を根こじにこじて、上枝(ほつえ)に八尺の勾たまの五百津の御須麻流の玉を取り著け、中枝(なかつえ)に八尺鏡を取り繋け、下枝(しづえ)に白丹寸手(しらにきて)、青丹寸手(あをにきて)を取り垂(し)でて、此の種々の物は、布刀玉命、布刀御幣と取り持ちて、天兒屋命、布刀詔戸言(ふとのりとごと)祷(ほ)き白して、天手力男神、戸の掖(わき)に隱り立ちて、天宇受賣命、天の香山の天の日影(ひかげ)を手次(たすき)に繋(か)けて、天の眞拆(まさき)をかづらとして、天の香山の小竹葉(ささば)を手草に結(ゆ)ひて天の石屋戸に桶伏せて蹈(ふ)みとどろこし、神懸りして、胸乳を掛き出で裳緒(もひも)をほとに忍(お)し垂れき。爾に高天の原動(とよ)みて、八百萬の神共に咲(わら)ひき。
                          (記・天石屋神話)