斐伊川

 故、避追(やら)はえて、出雲国の肥(ひ)上の河上、名は鳥髮(とりかみ)といふ地(ところ)に降りたまひき。この時、箸其の河より流れ下(くだ)りき。ここに須佐之男命、人其の河上に有りとおもほして、尋ね覓(もと)めて上り往きたまへば、老夫(おきな)と老女(おみな)と二人在りて、童女を中に置きて泣けり。(『古事記』)

船通山登山口。下の写真はこの右手。

この上流右手に船通山登山口がある。