寄物陳思
路の辺の 壱師の花の いちしろく 人皆知りぬ 我が恋妻は
  或本歌曰
いちしろく 人知りにけり 継ぎてし念へば
              (巻十一ー二四八〇)

水落遺跡の東方で

小墾田宮趾で。右上隅の山は畝火山

彼岸花(ひがんばな)
    (いちしのはな)

同志社女子大学構内で

高知市朝倉の鉄道の線路脇で

姫路学院女子短期大学の竹博士(農学博士)室井綽名誉教授に美しい花だからといって、頂いた球根が付けた花の種から成長した彼岸花。我が家の荒れた庭に咲く。