屁屎葛(へくそかずら)

  高宮王、数種の物を詠む歌二首(第一首目)
そうきょうに 這ひおほとれる 屎葛 絶ゆることなく 宮仕へせむ 
               (巻十六ー三八五五)