族(やから)に喩す歌一首 短歌を并せたり
ひさかたの 天の戸開き 高千穗の 嶽に天降(あも)りし 皇祖の 神の御代より 梔弓(はじゆみ)を 手握り持たし 眞鹿兒矢(まかごや)を 手挾(たばさ)み添へて 大久米の 大夫健男(たけを)を 先に立て 靱(ゆき)取り負せ 山川を 磐根さくみて 踏みとほり 国覓(まぎ)しつつ ちはやぶる 神を言向け 服從(まつろ)へぬ 人をも和し 掃き清め 仕へ奉りて 秋津島 大和の国の 橿原の 畝傍の宮に 宮柱 太知り立てて 天の下 知らしめしける 皇祖の 天の日嗣と 継ぎて来る 君の御代御代 隱さはぬ 赤き心を 皇辺(すめらべ)に 極(きは)め盡して 仕へ来る 祖の職(つかさ)と 言立てて 授け給へる 子孫(うみのこ)の いや繼ぎ繼ぎに 見る人の 語りつぎてて 聞く人の 鏡にせむを あたらしき 清きその名そ おぼろかに 心思ひて 虚言(むなこと)も 祖の名断つな 大伴の 氏と名に負へる 大夫の伴              (二十ー四四六五)
磯城島の 大和の国に 明らけき 名に負ふ伴の緒(を)心つとめよ       (二十ー四四六六)
劒大刀 いよよ研ぐべし 古ゆ 清けく負ひて 来にしその名そ         (二十ー四四六七)
   右は、淡海眞人三船の讒言に縁(つらな)りて、出雲守大伴古慈斐宿禰解任せらる。是を以ちて家持此の歌を作れり。

はぜ