白兎海岸と白兎神社

かれ、此の大国主神の兄弟(あにおと)、八十(やそ)神坐(ま)しき。然れども皆国は大国主神に避(さ)りき。避りしゆゑは、其の八十神、おのおの稻羽(いなば)の八上比賣(やがみひめ)を婚(よば)はむの心有りて、共に稻羽に行きし時、大穴牟遲(おほなむぢの)神に●(ふくろ)を負(おほ)せ、從者(ともびと)として率て往きき。ここに気多(けた)の前(さき)に到りし時、裸(あかはだ)の菟(うさぎ)伏せりき。爾に八十神、其の菟に謂ひしく、「汝爲(せ)むは、此の海鹽(うしほ)を浴み、風の吹くに当りて、高山の尾の上に伏せれ」といひき。故、其の菟、八十神の教に從ひて伏しき。ここに其の鹽乾(かは)くまにまに、其の身の皮ことごとに風に吹き拆(さ)かえき。かれ、痛み苦しみて泣き伏せれば、最後(いやはて)に来りし大穴牟遲神、其の菟を見て、「何由(なにしか)も汝は泣き伏せる」と言ひしに、菟答へ言(まを)ししく、「僕(われ)淤岐(おき)の島に在りて、此の地に度(わた)らむとすれども、度らむ因(よし)無かりき。かれ、海の和迩(わに)を欺(あざむ)きて言ひしく、『吾と汝(な)と競(くら)べて、族の多き少きを計(かぞ)へてむ。かれ、汝は其の族の在りのまにまに、悉に率て来て、此の島より気多の前(さき)まで、皆列(な)み伏し度れ。爾に吾其の上を蹈みて、走りつつ讀み度らむ。ここに吾(あ)が族と孰(いづ)れか多きを知らむ。』といひき。かく言ひしかば、欺かえて列(な)み伏せりし時、吾(あれ)其の上を蹈みて、讀み度り來て、今地(つち)に下りむとせし時、吾(あれ)云ひしく、『汝(な)は我に欺かえつ』と言ひ竟はる即ち、最端(いやはし)に伏せりし和迩(わに)、我(あ)を捕へて悉に我が衣服(きもの)を剥(は)ぎき。此れによりて泣き患ひしかば、先(さき)に行きし八十神の命もちて、『海鹽(うしほ)を浴み、風に當りて伏せれ。』と誨(をし)へ告りき。かれ、教の如く爲(せ)しかば、我が身悉に傷(そこな)はえつ。」とまをしき。是(ここ)に大穴牟遲神、其の菟に教へ告りたまひしく、「今急(すみや)かに此の水門(みなと)に往き、水を以ちて汝(な)が身を洗ひて、即ち其の水門の蒲黄(かまのはな)を取りて、敷き散らして、其の上に輾轉(こいまろ)べば、汝が身本(もと)の膚(はだ)のごと、必ず差(い)えむ」とのりたまひき。かれ、教のごと爲(せ)しに、其の身本(もと)のごとくになりき。此れ稻羽の素菟(しろうさぎ)なり。今者(いま)に菟神と謂ふ。故、其の菟、大穴牟遲神に白ししく、「此の八十神は、必ず八上比賣を得じ。●(ふくろ)を負へども、汝命(いましみこと)獲たまはむ。」とまをしき。ここに八上比賣、八十神に答へて言ひしく、「吾は汝等の言は聞かじ。大穴牟遲神に嫁(あ)はむ。」といひき。故爾に八十神怒りて、大穴牟遲神を殺さむと共に議(はか)りて、云々(『古事記』神代)