ワ(人+瓦)族岳宋村

ワ族はかつて首狩族といわれた人々。農業儀礼として人頭の血を籾に掛けたと
いう。首狩は一歩間違うと報復を受ける危険な営みであったので、これを蛮行と
して禁止した毛沢東に感謝しているという。

木鼓小屋。竹の先にある籠の中に狩った首を入
れ、下に籾を置いたという。播磨国風土記の鹿の
血に籾を浸す話を思い起こさせる。

山の彼方はビルマ。少数民族の発祥の地、司崗里があ
るという。麻薬密輸コースに当るらしく、出入りは厳しい。

臼に腰を下ろすワ族の女性。何処に行って
も女性は生き生きした感じであった。