富士山

  山部宿禰赤人、不盡山(ふじのやま)を望(みさ)くる
  歌一首 并に短歌
天地(あめつち)の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 富士の高嶺(たかね)を 天の原 振り放(さ)け見れば 渡る日の 影も隱(かく)らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくそ 雪は降りける 語り繼ぎ 言ひ繼ぎ行かむ 富士の高嶺は(3−317)
  反歌
田児の浦ゆ うち出でて見れば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける                (3ー318)

  不盡山を詠(うた)ふ歌一首 并に短歌
なまよみの 甲斐(かひ)の国 うち寄する 駿河(するが)の国と こちごちの国のみ中ゆ 出で立てる 富士の高嶺(たかね)は 天雲も い行きはばかり 飛ぶ鳥も 飛びも上(のぼ)らず 燃ゆる火を 雪もち消(け)ち 降る雪を 火もち消(け)ちつつ 言ひもえず 名づけも知らず 靈(くす)しくも います神かも 石花(せ)の海と 名づけてあるも その山の つつめる海そ 富士河と 人の渡るも その山の 水の激(たぎ)ちそ 日の本の 大和の国の 鎭(しづめ)とも 座(いま)す神かも 寶とも 生(な)れる山かも 駿河なる 富士の高嶺は 見れど飽かぬかも(3−319)
  反歌
富士の嶺(ね)に 降り置く雪は 六月(みなづき)の 十五日(もち)に消ぬれば その夜降りけり (3−320)
富士の嶺を 高み恐(かしこ)み 天雲も い行きはばかりたなびくものを                  (3−321)
   右の一首は、高橋連蟲麿の歌の中に出づ。類を以ち
   てここに載す。