越中国府・國守館

  遙かに江を泝る船人の歌を聞く歌一首
朝床に 聞けば遙けし 射水川 朝漕ぎしつつ 歌ふ船人
                            (19−4150)
  三日、守大伴宿禰家持の館に宴する歌三首
今日の爲と 思ひて標めし あしひきの 峰の上の櫻 かく咲きにけり                       (19−4151)
奧山の 八峰の椿 つばらかに 今日は暮さね 大夫のとも
                            (19−4152)
漢人も 船を浮べて 遊ぶとふ 今日そわが背子 花蘰せな
                             (19−4153)