えごの木

やまちさに比定される木

  花に寄す
息の緒に 念へる吾を 山ぢさの 花にか君が 移ろひぬらむ
                          (巻七ー一三六〇)

  寄物陳思
山ぢさの 白露重み うらぶれて 心に深く 吾恋止まず
                          (巻十一ー二四六九)