大山

国引き神話の国を引き寄せるために用いた
杭の一つが伯耆大山(火神岳)であるとされて
いる。

また、「高志(こし)の都都(つつ)の三埼(みさき)を、
国の余ありやと見れば、国の餘(あまり)あり」と詔
(の)りたまひて、童女(をとめ)の胸鋤(むなすき)取ら
して、大魚(おふを)のきだ衝(つ)き別(わ)けて、はた
すすき穗(ほ)振(ふ)り別(わ)けて、三身(みつみ)の
綱(つな)うち挂(か)けて、霜黒葛(しもつづら)くるやく
るやに、河船(かはふね)のもそろもそろに、国来々々
(くにこくにこ)と引き来縫(きぬ)へる国は、三穗(みほ)
の埼(さき)なり。
 持ち引ける綱は、夜見(よみ)の嶋なり。
 堅め立てし加志(かし)は、伯耆(ははき)の国なる火神岳(ひのかみだけ)、これなり。(出雲国風土記)

北西(米子道終点付近)からみた大山

北西からみた大山の拡大写真

西からみた大山

南からみた大山