是に天皇、其の黒日賣を恋ひたまひて、大后を欺きて曰りたまひしく、「淡道島を見むと欲(おも)ふ。」
とのりたまひて、幸行(い)でましし時、淡道島に坐して、遙(はろばろ)に望(みさ)けて歌曰(うた)ひた
まひしく、
 おしてるや 難波の崎よ 出で立ちて 我(わ)が國見れば
 淡島(あはしま) 自凝島(おのごろしま) 檳榔(あぢまさ)の島も見ゆ 放(さけ)つ島見ゆ
とうたひたまひき。(仁徳記)

  このとき、仁徳天皇は吉備に帰った黒日賣をお慕いになって、大后(石之日売)を欺しておっしゃるに
 は、「淡路島を視察しようと思う」とおっしゃって、お出かけになった時、淡路島にいらっしゃって、遥かに
 備前の国の方角をご覧になって、お歌いになるには、
   一面に照り反る 難波の岬から (そこに出て立ち) 私の治める国をみると
   淡島、淤能碁呂嶋、檳榔の島 離れ島も見える
 とお歌いになった。

最初の一葉を除き青島の檳榔

檳榔(あじまさ)

爾に出雲(の)國造の祖(おや)、名は岐比佐都美(きひさつみ)、青葉の山を餝(かざ)りて、其の河下
(かはしも)に立てて、大御食(おほみけ)獻らむとする時に、其の御子詔言(の)りたまひしく、「是の河
下に、青葉の山の如きは、山と見えて山に非ず。若(も)し出雲の石■(いはくま)の曾(その)宮に坐す
葦原色許男(あしはらしこをの)大神を以ち伊都玖祝(いつくはふり)の大廷(おほには)か。」と問ひ賜ひ
き。爾に御伴(みとも)に遣はさえし王等(みこたち)、聞き歡(よろこ)び見喜びて、御子をば檳榔(あぢま
さ)
の長穗(ながほの)宮に坐せて、驛使(はゆまづかひ)を貢上(たてまつ)りき。(垂仁記)