粟(あわ)

  娘子、佐伯宿祢赤麻呂の贈る歌に
  報へる一首
千磐破る 神の社し なかりせば 春日の野辺に 粟蒔かましを       (巻三ー四〇四)
  佐伯宿祢赤麻呂更に贈る歌一首
春日野に 粟蒔けりせば 鹿待ちに 継ぎて行かましを 社し怨めし    (巻三ー四〇五)

    作主未詳歌一首
梨棗 黍に粟継ぎ 延ふ葛の 後も逢はむと葵花咲く           (巻一六ー三八三四)
が実り、に続いても稔るように君に会っているが、野に這うのように後も逢おうと、〈あふひ=逢ふ日〉の花が咲くことだ〉