大伴淡等謹みて状(まを)す。梧桐(ごとう)
  の日本琴(やまとこと)一面〈對馬の結石山
  の孫枝なり〉此の琴夢に娘子に化りて曰は
  く、余、根を●島の崇(たか)き巒(みね)に
  託(つ)け、★(から)を九陽の休(よ)き光に
  晞(ほ)す。長く煙霞を帶びて、山川の阿(く
  ま)に逍★し、遠く風波を望みて、雁と木との
  間に出入す。唯し百年の後、空しく溝壑(こ
  うがく)に朽ちなむといふことを恐るらくのみ。
  たまたま良匠に遭ひて、削りて小琴につくら
  る。質の麁(あら)く音の少しきなることを顧
  みず、恒に君子(うまひと)の左琴を希(ねが)
  ふといへり。即ち歌ひて曰はく

如何にあらむ 日の時にかも 聲知らむ 人の膝
(ひざ)の上(へ) わが枕(まくら)かむ
                   (巻五ー八一〇)

  僕(われ)詩詠に報へて曰はく、

言問(ことど)はぬ 樹にはありとも うるはしき君が
手馴(たな)れの 琴にしあるべし
                    (巻五ー八一一)

  琴の娘子答へて曰はく、「敬みて徳音を奉
  はりぬ。幸甚幸甚といへり。片時にして覺
  (おどろ)き、すなはち夢の言に感じ、慨然
  として止默(もだ)あること得ず、かれに公
  使に附けて、聊かに進御る。謹みて状(ま
  を)す。不具。
  天平元年十月七日 使に附けて進上(たて
  まつ)る
  謹通 中衞高明閤下 謹空

  跪きて芳音を承り、嘉懽(かくわん)交(こも
  ごも)深し。すなはち、龍門の恩、また蓬身
  (ほうしん)の上に厚しといふことを知りぬ。
  戀望殊念(れんばうしゆねん)は、常の心
  に百倍せり。謹みて白雲の什(うた)に和へ
  て、野鄙の歌を奏(たてまつ)る。房前(ふさ
  さき)謹みて状(まを)す。

言問はぬ 木にもありとも わが夫子が 手馴
(たな)れの御琴(みこと) 地(つち)に置かめやも
                    (巻五ー八一二)
  十一月八日 付還使大監
  謹通 尊門 記室

以下四葉は大阪市東淀川区で

この二葉は元、孔子廟であったという西安の碑林の
庭のもの。同一の木。

この三葉は同志社国際高校の敷地の木

梧桐(あおぎり)