楝(あふち)
   詠花,
吾妹子に あふちの花は 散りすぎず 今咲けるごと ありこせぬかも         ( 10-1973)
   詠霍公鳥歌二首(の2)
珠に貫く あふちを家に 植ゑたらば 山霍公鳥かれず来むかも            (17-3910)
    右四月二日大伴宿祢書持従奈良宅
    贈兄家持
   橙橘初咲霍公鳥飜嚶 對此時候★不
   暢志因作三首短歌以散欝結之緒耳(3)
ほととぎす あふちの枝に 行きて居れば 花は散らむな 珠と見るまで       (17-3913)
    右四月三日内舎人大伴宿祢家持
    従久邇京報送弟書持
上下二葉は淀川右

大阪市東淀川区で