小豆

飛鳥寺の近くで

四葉は兵庫県朝来郡和田山町で

又食物(をしもの)を大氣津比賣(おほげつひめの)神に乞ひき。爾に大氣都比賣、鼻口また尻より、種種(くさぐさ)の味物(ためつもの)を取り出して、種種作り具(そな)へて進(たてまつ)る時に、速須佐之男命、其の態(しわざ)を立ち伺ひて、穢汚(けが)して奉進るとおもひて、乃ち其の大宜津比賣神を殺しき。故、殺さえし神の身に生(な)れる物は、頭に蠶生り、二つの目に稻種(いなだね)生り、二つの耳に粟生り、鼻に小豆(あづき)生なり、陰(ほと)に麥生り、尻に大豆(まめ)生りき。故ここに神産巣日御祖(かみむすひのみおやの)命、これを取らしめて、種と成しき。(記神代・大気都比売条)

(また、食べ物を大気都比売の女神に求めた。すると大気都比売は鼻や口さらには尻から、ざまざまな食材を取り出して多くの料理を用意して献った。須佐之男命は、その様子を覗き見して、食べ物を汚して献っていると思いこんで、即座にその大気都比売を殺した。そこで殺された神の身に生じたものをあげると、頭には蚕が生まれ、二つの目には稻の種が生じ、二つの耳には粟が生じ、鼻には小豆が生じ、陰部には麦が生じ、尻には大豆が生じた。そこで、神産巣日の御祖の命が、これらを取らせて種とさせた。)